エステ 脱毛

エステの歴史

日本のエステについて

脱毛サロン

日本ではエステサロンでの脱毛が非常に有名ですよね。
最近では脱毛しかしない脱毛サロンがたくさん増えてます。

 

更にメンズエステでの脱毛なんかもあるぐらい浸透してきました。
VIO脱毛を男性も行う時代。

 

このエステですが、欧米諸国から入って来たものだとか。

 

なんと欧米諸国では、既に100年以上もの歴史を持っていて社会的にもかなり定着し、それなりの市民権を得ているそうです。

 

ちなみに日本では、1964年のオリンピック後急速に伸展したみたいです。
戦後の日本は皆さんもご存知の通り経済は急成長!

 

経済的にも豊かになって、社会的ニーズが高まったのだとか。
欧米との歴史を比べると半分ぐらいですね。

 

VIO脱毛に関する認識も、欧米諸国と比べたら半分くらいかも??

 

クレオパトラも行っていた脱毛方法とは・・?

あの絶世の美女で有名なクレオパトラも、ムダ毛に悩んでいたそうです!

 

その頃使われていたものは・・・
軽石・貝がら類・といだガラス・松やに・亜硫酸の合成物・そして粉末状となったネコのフンを強い酢で混ぜた物の湿布などだったそうです。

 

ラインナップアイテムがおかしいですよね。
呪文でも唱えるの・・・?って感じです。

 

どれもお肌に問題がありそうなものばかり・・・
絶対にやりたくない脱毛方法です。

 

しかし女性の美に対する追及は今に始まったことではなく、昔から全く変っていないみたい!

 

そして19世紀後半には、今使われているような脱毛の方法が欧米のお医者さんによって開発されたんだそうです。
西暦1900年のちょっと前ですよ。

 

信じられませんよね〜。
日本はまだ明治時代です。

 

エステの裏話、書いちゃいます!

1990年頃のエステティック業は、その成長があまりにも急激だったので、社会的な管理諸制度の制定・整備が追いついていなかったそうです。

 

たとえばエステティシャンの教育・試験・免許制度等が十分ではなかったとの事・・・。
開業の届出・管理や、衛生・環境・広告等営業面でも適当だったそうです。

 

これが原因で信頼がなくなり、一部のお客さんに迷惑をかけていたのだとか。

 

メチャクチャな話もあるんですよ!

 

嘘みたいな体験の数々

主婦(42)の体験

ダイエット前とダイエット後の写真をエステで撮影され、本人の知らないうちにその写真を広告に使われていたそうです。
『肖像権の侵害だ!』と言ったところ、写真をつきかえされて終了したとか・・・

 

女性会社員(27)の体験

契約前の美顔体験コースではマッサージやパックを丁寧にしてくれたので契約しました。
ところがいざ通い始めると、機械でのマッサージになり内容が違っていました。

 

今では考えられない話ですよね・・・

 

こんな事をしていたらネットの口コミで誰もこなくなって潰れるでしょうし、その前に業務停止処分だと思います・・・。
かなり前の話ですから、仕方ないと言えばそこまでなのしれませんが・・・

 

私達は技術も機材も恵まれた状態で、しかも金額的にも非常に安いエステに行く事ができます。
今の時代に生まれてよかったーと思いました。

 

VIO脱毛経験者の管理人が選ぶ!!
失敗しないための【2017年版】脱毛サロン情報はコチラ

管理人オススメの脱毛サロン比較

 

 

VIO脱毛のススメ | さらば私の剛毛人生 TOPに戻る

エステの歴史記事一覧

未成年の脱毛は切実な問題!もっと真剣に考えて!

成人しても気になる毛の悩みですが、思春期の毛の悩みは死活問題・・・。いじめにも繋がる事って普通にありますからね。そんな子達がどれぐらいいるかな?と掲示板をチェックしてみたのですが、学生で毛の濃さで悩んでいる子はかなりいました。中学生や高校生がメインです。(中には小学生も)ある本で見たのですが、この思...

≫続きを読む

毛深い女性は情が深い?

毛深いという事は体に生えている毛の本数が多く、1本1本が長く太い事です。一言で言えばたくましい毛って事ですね。これは科学的に見ると、毛の本数が生まれつき決まっていて、太さ・長さは年齢や栄養、ホルモンバランス、遺伝などで決まってくるそうですが、これが精神面とつながりがあるかというのは全くの不明だそうで...

≫続きを読む

毛と美容の関係

脱毛したいと思う反面、髪の毛などは綺麗にケアしたいですよね。そんな無駄毛から必要な毛も含めて勉強しておきましょう。髪の毛髪を美しく保つためには『清潔にしておく』これが一番大事です。毎日髪を洗えば髪が痛んでしまう・・・なんて事聞いた事ありませんか?あれ実はまったく根拠のない間違った常識のようです。だっ...

≫続きを読む